514ばんの日誌

2012-07-02

1/144 量産型ズゴック(旧キット) その4

胴らへん
diary-image

見事に一体化しとりますw
もっとも、本編内では、腰を捻ったり、上体反らしをしたりという表現はないので
一体化は正解なのかもしれません
まあ、さすがに作業的にも、このまんまじゃやりづらい点もあるので
上半身と腰の部分で分断しました
diary-image

キットのプロポーションで若干残念だった上半身の横幅をカット
頭が一体化してるデザインなので、肩にあたる部分が上半身両サイドのほとんどを占めており
また、肩周囲が凹状になっているので
カット自体は、その出っ張る部分を中心に切り取ればいいだけで
そんなに苦労しませんでした
幅詰めと同時に胸のフィンと丸ダクト部分もくり貫いて、新造します
また、後述しますが、モノアイゲージも全抜きして
最終的には、頭のてっぺんと共にいったん別パーツ化してます
あと、前後にも1mm幅増してます
diary-image

昔作ったシャアズゴ(キットデザインは同じ)と並べ比較すると
幅詰めしたのがわかりやすいです
diary-image

せっかく分断したので、腰と腹をダブルボールで繋いでみます
上の受けは固定しやすいMGかHGUCあたりのあまりポリパーツ(横に平たい出っ張りのあるやつ)にしました
プラ棒やらプラ板でこの受けを挟みこんで、胴体内に固定してます
diary-image

最終的にエポパテでべったり覆ってボール受けをしっかり固定
ここがぐらつくと、ガチャガチャうざい感じになってしまうので
diary-image

腰パーツも前後に1mm程度幅増しして、ダブルボールの可動範囲に余裕を持たせてます
また、股関節部分以外、中がスカスカなので、上からプラ板でフタをしてます
足の通る穴からは、あまり向こう側が漏れないのですが
腹の隙間から下の風景が漏れるので、簡単なフタが不可欠です
diary-image

股間下あたりになる丸モールドは、合わせ目のこともあり、いったん削り取って
丸バーニア2種類を組み合わせたものを貼って、周囲にエポパテを盛って、なだらかにしてます
diary-image

腹・腰の分断可動にすると、そのままの形では腹の長さが足りなくなって
がっつり隙間が開いて不恰好なので、可動分だけ適当に長さを増やしてます
完全に腹の下端が隠す必要はないです
diary-image

合わせるとこういう感じに
diary-image

肩接続は、最初はボールジョイントで進めてたんですが
引き出し関節にしてなかったのと、ボール位置自体が深すぎたのとで
ほとんど意味をなさず、しかも4mmボールの軸(軸径は2mm)がカッチリすぎて
腕の前後上下そのものもなんか固く、ボツ案としました
単純に3mmポリとプラ丸棒で繋ぐ形に戻したのはいいけど
既に上腕の方は接着仕上げしてしまってて、肩接続側に2mmポリが入ってるので
ポリキャップ同士を繋ぐために、3mmと2mmの丸棒を繋いだものを作るという
なんかちょっと間抜けなことしてますw
ただ、この段差棒にしたおかげで、必要以上に接続軸が上腕内に入り込まないのでよかったかと
diary-image

段差棒は、3mm丸棒断面に2mmバイスで穴開けて2mm丸棒を差して接着するのですが
最初から一気に2mmで開けようとすると中心が狙いにくいので
1mmバイスで中心狙って開けてから、そこに2mmバイスを当てて開けなおすといいです
背中についてるロケット2発は、なんもいじってません
接続部分が頼りない感あったけど、どうせ接着することだし