514ばんの日誌

2013-03-27

SD デンドロビウム その1

でかいアレのSD版です
BB戦士の中でもかなりサイズ取ってると思います
diary-image
diary-image

このようにほとんど素組でも問題ないといえば問題なく
ステイメンだけなら付属シール使えば、色分けも済んじゃう良キット
ただ細かいところを突っつけば、いくらでもあるのがBBバブル期のキットです
早速、突っついていきましょう
diary-image
diary-image

もう既にとっかかってますけど
Iフィールドジェネレーターのこのポッド
半分側がほとんど肉抜きですw
diary-image
diary-image

上面も半分くらいポッカリなので
ノイエのときもそんなこと書いてますが
全面パテ盛りだと軽量でも結構食いますし
溝穴に合わせてプラ材を敷いていき底上げしてから盛るようにしてます
diary-image

最終的にこんな感じに
「でもね、これほとんどオーキスにステイメン積んだら見えないの」
diary-image

オーキスの上側の箱は前側と後側を
砲とポッドの接続部分挟み込む形でくっつけるんですが
明らかに塗りにくくなりそうなので
それぞれのT字の接続部分をまっすぐにカットして
あとから差し込んで接着するように加工してます
んで、接着強度を出すために受け側にプラ材で囲み部分を作り
接着面を稼いでます
diary-image
diary-image

オーキスのマニピュレーターも内側の一部が肉抜きなのでフタをする
バーニアそばのテール部分もフタ
ひたすらフタ
「置いたらほとんど死角ですけどね」
diary-image

オーキスのコンテナハッチはちゃんと開きますが
(さすがにコンテナ内は1枚板造形だが)
ハッチ裏が凹状になってるので
コンテナ部分と重ならない個所だけフタします
「開けなきゃ見えないですけどね」
diary-image

先程、少し述べたオーキス上側の繋ぎ目は
ただ合わせ目消しするだけじゃなく、部分ごとにスジ彫りを入れてます
中央側のパネルラインは、垂直に凹掘り
両サイドのパネルラインは前から掘り込みで重ね合わせのように
角度を変えるだけでもずいぶん印象が変わるものです
まあなんつーかいろいろいじってる割には
ほとんど見えない自己満修正ですが
やってみるだけのことはありますよ